【LA生活日記】なぜか道路標識の話

notice

今日1日かけて作った絵が、最終段階で砂をふりかけ間違えてしまい明日また一から直しなナオシです。ちぇーっ。

でも締め切りまで1週間あるので問題なし。日本ではギリギリマンで徹夜して作品を仕上げた後エセOL出勤なんてことも度々しておりましたが、アメリカに来てからは自営業となり自分の行動が全て自分に返ってくることを知りました。余裕を持って制作、遅刻しない(車の渋滞が読めないので早め出発)、家が事務所代わりなので常に整理整頓心がけ+庭の掃き掃除をする等、だいぶまともな人間になりました。(以前はどんだけろくでなし)

しかし逆で言うと、疑い&用心深い人間になってしまいました。それはアメリカに来てすぐアーティストとして働けるビザを申請する際の弁護士さんが夜逃げしたことから始まるのですが、それはまた後で話すとして自分をしっかり持っていないといかようにも流される国だと思うのです。
用心深くなった要素の一つとしてストリートパーキングの案内表示が超絶複雑ということなのですが、さすがに5年も住んだらわかるようになりました。LAでは住宅街に車を停めることが出来るのですが、その通りごとに決まりごとがあってそれを読み解かないといけないのです。
例えばこんな感じにあるのですが、
ここに駐車するために3つの条件あり!!!

【1番上の標識】深夜2時から6時は駐車禁止。もしこの時間に車を止めたらレッカーされる模様。
【真ん中の標識】毎週火曜日の10時から13時は駐車禁止。これは毎週掃除が行われる曜日と時間帯を意味しているのですが、この時間に車を止めた場合罰金8000円ぐらい。わたしは一度友達の家の前でやってしまいました…
【一番下の標識】8時から21時までの4時間は止めていいよ。日曜日は関係ないから何時間でもいいけど。の標識。もし18時~21時の間に止めた場合は21時までの4時間という条件を超えるので、深夜2時までは何時間でも止められるよ。という意味になるのです。これ超むずくないスカ!

こないだもダウンタウンのコインパーキングが珍しく空いてて『やった!』と駐車したら、通りがかりのおじさんが『15時から止められなくなるからね。』と教えてくれまして。それからご飯に行く予定だったので、今何時!と時計を見たら14時40分だったので、あぶなっ!と急いで移動しました。ありがとう、おじさん。(変な人も多いけど、いい人も多いです。)

と、なんでこんな道路標識の話になったのか不明ですが、罰金は二度と払いたくない、というお話。(あと1回、車が路肩から離れすぎて(意訳:駐車下手かよ)罰金3000円も取られています。)