【LA生活日記】誰も気づかないだろうが

notice

中途半端な位置にライトを設置しているお家を発見したナオシです。だうも。

↑なぜそんな場所に。

さて、今日も図書館へ出勤。笑 遠めの場所に車を停めて郵便局へ→車に戻りパソコンを取り出し→そして図書館というルート。この一連の流れで大体2000歩の運動も兼ねておる。
そして今日は郵便局のおじさんに『あれ、今日は荷物少ないね。』と封筒を見せると『えぇ!小さいの1つだけ?!』と言われわたし泣き真似。(=売上が少ないことを突っ込まれている。)
黒人の陽気なおじさんと中国系のおばさまが特に良くしてくれるのだが、手紙で送れるか荷物で送らなきゃいけないかの微妙な厚みのサイズの時は(金額が800円ぐらい違う)『これは荷物じゃないから!お願いします!』とお願いすると『OK~』と手紙扱いにしてくれます。うっへっへ。

そして図書館到着。無事目の前に誰もいない個人席をゲット。よしよし。
今時点で今年は18個の展示やイベントを予定しており(イベントは審査があるので100%確定ではないが)、6月~7月に限っては4週連続イベントとワークショップ、展示作品の締切と続くのでその対応を今しておる感じであります。
友達と何だったかの話をしていた時、『10月だからまだまだ先なんだけどさ。』と言っていて『10月なんてすぐなんだが!』と認識の違いに驚いたことがありました。言うても半年先なので友達の感覚は正しいと思うんですが、アメリカに来て時間の概念が大きく変わってしまいまして。
というのも、アーティストビザの更新が3年に1回あって、頭の中はその3年をどう活動してどう結果を残していくかということしかないのです。ただボーっと過ごしていたら、次も更新したい!となったときにはすでに遅しなのです。こう改めて文章にするとマジでサバイバルだなぁ。こわいこわい。

そういえば今日、アメリカのテレビ番組の衣装さんから『ナオシの缶バッチを俳優(女優?)さんの洋服につけたいんだけど許可証にサインもらえる?』というメールが来ました。ナオシ絵がアメリカテレビデビューのようです。笑(誰も気づかないだろうが)