【LA生活日記】失笑

notice

人生初、携帯の画面が割れたナオシです。だうも。

今まで何度も落としながら一度も割れずにきましたが、ついに。(なのでスマホカバーを買ったことがなかった。)
割れた画面を見た瞬間『ふっ。』と失笑してしまいました。それは自分がやらかす人間だということを知っているので、『はいはい、やっちゃってますね、あなた。』という自分への冷たい目&絶望笑いです。決しておもしろいとは思っていません。

去年日本に帰国したときは、アメリカの携帯いつの間にか紛失してますしね。どのタイミングで無くしたかもわからないしね。アメリカに戻り空港から家までUber呼べずタクシーで帰ったら1万円したしね。(シャトルタクシー(安い)の存在があることを家に着いた直後ハウスメイトに教わったしね)そしてその後買った携帯がわずか1年でこのありさまです。

ウォーキングでも行くかぁーと家を出た矢先の出来事だったので、しょっぼーん。と心がしぼみすごすご帰宅し、新しい携帯とスマホカバーを注文しました。いろいろ買いたいものを我慢していたのに、こういう壊れなければ必要がなかったもので一気にお金が飛んで行くのはとてもむなしいです。ふぅ。

とりあえず今日はこのバチ割れ携帯とともに、展示のオープニングパーティー2件はしごしてきます。(なんでこんな時に限ってたくさんの人に会う用事があるのだろうか。)