【LA生活日記】居場所

notice

こないだ参加した日本語交流会で『どうしてアメリカに来たの?』と理由を聞かれ、いろいろ考察してみたナオシです。だうも。

出会ってきた日本人にアメリカに来た理由を聞くと、”アメリカが好きだった”という人と”日本で働く(住む)のが嫌になった”という2パターンのような気がしております。

わたしの場合、日本の独特なカルチャーが異様に好きで、アメリカのカルチャーはそもそもよくわからず。そして働いていた会社もだいぶ好き勝手やらせてもらい、夏休みを利用して展示旅で海外に8回ほど行っていました。(ちなみに絵のことは内緒。)
さらにさらに『ライブに行くのでこの日は早く帰ります。』と帰ったりもして、有休を使ってFUJI ROCKやロッキンオンジャパンにも行けました。(FUJI ROCKで思い出したのですが、会社を休むのが難しい友達が仮病で金曜日休んで来たのですが、スペースシャワーのインタビューを受けてテレビに映るというハプニング。笑)

という感じなので、その王道2パターンには当てはまらず、”絵のためにいっちょ来てみました。”というのが理由です。
毎日お笑いラジオを聴いて、邦楽(変な方面の)にも乗り遅れないようアンテナを張っているので、逆に言うとアメリカで何が起こってるのかよくわかっていない状況でそれもまずいよね。ということで最近ちょびちょび勉強し始めております。

そんな日本カルチャーの大ファンであったことにアメリカに来てから気づいたわけですが、アーティストとして生きる場所としてアメリカはすんばらしい場所です。実力社会+出会いのチャンスも多いので展開のスピードが圧倒的に違います。(もちろん絵を携えた行動力が大前提ですが!)
『今はインターネットの時代だからどこでも仕事ができるよ。』という話をよく聞きますが、超人気作家になれたらいいと思うんですが、『実際に出会えた人とのつながりが何よりの財産だなぁ』と実体験から思っているので、チャンスがある限りはここで挑戦を続けたいと思っております。
先週の土曜日、ギャラリーのオープニングで会って話した人から、数日後、夏のグループ展の誘いをもらったことがまさにいい例だと思うのですが(ラッキー。笑)、その日その場所に行ったからこそつながった縁で、家で引きこもってたらこの話はなかったのです。引きこもり危険!でも家で絵描くのが何より楽しい!というジレンマ。笑

たまに他の国に住んでみたいとかはある?的な話になるのですが、答えは『NO』であります。NYとか同じアメリカ内でも無理だなぁ…というのが正直なところ。また一からアパート探しやらの生活拠点を整える作業と友達ゼロスタートはもうしんどい。笑
こう思うとまぁまぁ疲弊してるんだろな。と実感せざるを得ませんし、次に生まれ変わったらまた絵描きになりたい!というよりはバンドマンになりたい!と本気で思うあたり、苦戦人生を好む傾向にあるようです。ドンマイ。

【LA生活日記】ラジオの話

notice

そういえばオードリー春日のプロポーズのモニタリング見ましたが、めちゃくちゃ泣けたナオシです。だうも。

彼らのオールナイトニッポンを5年前から聴いててちょいちょい彼女の話を聞いていたので余計グッときました。ホントいい話。
日本にいる時は暇さえあればかまってちゃんの配信を見てましたが、アメリカに来てからはラジオを聴くのが楽しくてしょうがないです。ちなみにスケジュールはこんな感じで毎日忙しいです。笑

月曜日:ダイアンのよなよな(西澤最高!※ユースケに改名したようです。)
火曜日:クリーピーナッツのオールナイトニッポンゼロ(R指定の性格の良さがにじみ出る。DJ松永がやかましいながらいい味を出す)
水曜日:和牛のモーモーラジオ(水田さんの素の感じが楽しい)/ テレビ東京佐久間亘行のオールナイトニッポンゼロ(先週の劇団ひとりの回楽しかった)
木曜日:岡村隆史のオールナイトニッポン(ご意見番的な話が楽しみ) / おぎやはぎのメガネびいき(聴いたり聴かなかったり)
金曜日:三四郎のオールナイトニッポン(一番お気に入り)/ 霜降り明星のオールナイトニッポンゼロ(せいやのものまねが楽しすぎる)バナナマンのバナナムーン(聴いたり聴かなかったり)
土曜日:オードリーのオールナイトニッポン(二番目のお気に入り) / 木梨の会(自由すぎて最高。人の運命まで変えちゃう力がホントすごい)
日曜日:ニューヨークのニューラジオ(オールナイトも聴いてた)

音楽の好みが似ている友達にクリーピーナッツのラジオ面白いよ!とメールしたら聴いてくれ、さらにライブにも行くようになったみたいで嬉しいです。笑

朝起きたらパソコンの電源を入れると同時に携帯でラジオを聴くのが日課になってるんだなと改めて気づきましたが、ルーティーンは本当に好きなことじゃないと続かないもんねぇ。

【作品展示日記】Cats vs Dogs展のオープニング参戦

sunaeartist

今日はジャイアントロボットストアのグループ展『Cats vs Dogs』のオープニングに行って来たナオシです。だうも。

本当はその前に2つギャラリーをはしごする予定だったけど、持ち前の引きこもりラブ性格が勝ってしまいました。無念。

1994年からGiant Robot Magazineを創刊し、Giant Robot StoreとGR2というギャラリースペースがあります。日本にいる時から知っており、2011年にロサンゼルスに来た時バスで乗り継いでわざわざ見に来たくらいです。改めて考えるとこうやって関わりを持てるようになって嬉しいです!

↑もちろん猫派で参加!

その後GR2に移動し、お友達のTiffanyが参加している展示を見に行く。

↑新作のゴースト作品好きです。

初めましての作家さんに砂絵の説明をしたり、よく会うLukeさんからエナメルピンの安い早い業者を教えてもらったりしました。ちょうど来週エナメルピンを頼もうと思っていたのでナイスタイミング!やっぱ外出&人との交流大事です。笑

↑主役のTiffanyとLukeさん(←彼も人気アーティスト)

一緒に展示していたAlbertさんの作品も見ごたえありました!

↑最高!

↑これ欲しい。

↑わいわい。 オープニングはギャラリーオーナーのお母さまの手料理が振舞われます!

2時間ほど居座りましたが楽しかったー

【LA生活日記】返りしょうゆ

notice

買ってきたばかりのしょうゆを玄関前で派手に落としてしまい、返りしょうゆを浴びたナオシです。泣

↑半分もなくなってしもた。

そしてこうなりました↓

↑なんとも言えない気持ちです…

 

先日のブログで書いたラーメンエナメルピンが税関で抜かれた疑惑話ですが、工場に問い合わせをしたところ『送るのを忘れてました。』という回答…うぉい!!!(でも無事で良かった。)

キーホルダーも別の工場に注文していたのですが1ヶ月経っても音沙汰なしだったので連絡したら『送ります!』と返事が来てよかったーと思ったら1週間待っても来ず。『追跡番号を教えてください。』と言ったら『今日送ります!』という返信。こちらもうぉい!!!
キーホルダーは日本に送らねばならず、納期にギリギリ間に合わない感じになってしまい謝罪。
あまり信用しすぎず随時チェックしてゆかねばと思いました。

昨日外へ一歩も出なかったので今日は近所の公園を散歩しました。ロサンゼルスはいつだって晴れてるところが最高です!

そういえば公園を歩きながら『ルーティーンを決めて表にまとめたけど、3日しか続かなかったな。』と思いました。習慣化するのはなかなか難しいです。

【LA生活日記】よくわからない1日

notice

ド派手な車を発見してついパシャったナオシです。だうも。

↑今週日曜日がイースターだからでしょうか。楽しげです。

今日も図書館に出勤!見つけたテーブルがとても集中できそうだったので、やったぁ!とテンションが上がって作業し始めたんですが、数分後目の前にアルミホイルおばさんが登場しました。
アルミホイルの帽子、アルミホイルマフラー、両足首アルミホイル、親指アルミホイル。極め付けに鼻の穴アルミホイル。これマジです。
そしてずーっと親指にまいたアルミホイルに笑顔でぼそぼそ話しかけていて、ぎょっとしつつも『幸せそうでいいねぇ。』と思ったり。笑 しかし、作業中視線の先には常にアルミホイルおばさん、そして変な匂いで気持ち悪くなってきたので30分で退散。無念。

その後近くの郵便局に行ったら激込み。黒人のおじさんが『カード支払いならあっちの機械の方がすぐだよ。』というのでやり方を教わる。せっかくだから学ぼう!とじっと見てたら支払いの画面になり『カードを入れて。』と言われ、両手が車の鍵と携帯で塞がっていて、『うわぁ!ちょっと待って!』とうろたえていたら『急がなくていいよ。リラックス。』と笑われました。そして無事支払いを終えると『いぇーい!』と2人で謎のハイタッチ。

ずっと前にもガソリンスタンドで車が挟みうちされて、『うわぁ!出れない!』とどうにか動かそうとしたら前から来た車の人から『急がなくていいから。』と声をかけてもらったことを思い出し、全く知らない人に『落ち着いて。』って言われるなんてどんだけパニくってる様相なんだろうか。と思いましたが。

そして家に帰ったら、1ヶ月前に注文したエナメルピンがようやく手元に届いていたのですが、4種類頼んだうちの1種類が見当たらず。どうやら税関でチェックされてラーメンピンのみ抜かれてしまったようです…一応今工場に事情を説明してもう1回送ってもらえないか聞いてるんですが、こういう場合ってどこ責任なんでしょうか。なんで1種類だけ丸々抜かれたんだろう…謎。
今日はよくわからない1日でした。ふぅ。

【LA生活日記】イベント&ギャラリー4ヶ所はしご

notice

今日はイベントが盛りだくさんだったので、3ヶ所はしごしてきたナオシです。だうも。

まずはLA ART BOOK FAIRでMOCA。

↑3年ぶりに遊びに来ました。

↑かわいい!

↑買いました。

その後会場から近かったのでQpopへ顔を出しに行く。Gregに挨拶したら今日はChrisとMikiがいるよと久々2人にも会えました。立ち寄って良かった!

↑展示も良かったです。

そしてIndependent Art Book Fairへ移動。うらうら見ていたらサンフランシスコのZine Festで見たわ!と話しかけてもらいました。ハッピー。お友達も出展していたのでお話できて良かったです。しかしイベントがいたるところで開催されていて全然追いつけない。

↑割と小規模でした。

その後Pasadena Convention Centerへ向かい、昨年Dconでお会いした桃桃子(ピーチモモコ)さんが出展しているMONSTERPLOOZAを見に!

↑入口にてチケットを待つ間
↓人気者の人

チケットをいただき中へ。ブースに行くと映画監督の西村さんと一緒にブースを構えており皆様にご挨拶。ピーチさん夫妻にまたお会いできて良かったです!

↑記念撮影を勝手に盗撮。笑

そして会場を徘徊。怖いものが所狭しと。

↑ひゃー!

↑リアル!

↑ぐぅぁあああぁああ!と声が聞こえてくる作品

↑美しいです

と、怖いものだらけでしたがクオリティーの高さにほぉー!と驚きまた新しい世界を見ることができました。顔見知りの人が出展していたり、Hive Galleryのネイサンとばったり&サンディエゴのトイ会社で働く方にも声をかけてもらえたりと今日もいろんな人と会えて良かったです!

不安要素があるせいか全く実感はないけれど、それなりに5年いるんだろうなという感じがしてきている今日この頃です。笑

【LA生活日記】Tea Timeという日本語交流会に参加してきた

notice

今日は日本の文化を発信するJapan Foundationで開催されたTea Timeという日本語交流会に行ってきたナオシです。だうも。

2月に去年Hiveで会った上根さんの個展がそこで開催され遊びに行ったのだが、こんな場所がロサンゼルスにあったのかぁ!とその後、邦画無料上映会に何度か通わせてもらっておりました。そして数日前にJapan Foundationで働く方から一緒に参加してみませんか?と交流会にお誘いをいただき、初めて行ってみたのですが100人以上の参加者と大規模!
最初どうしたらいいかわからずでしたが、日本語を勉強している方々と2時間楽しくおしゃべりできました。中には2年前わたしのグッズを買ったという方とも出会うことができました。また次回も参加したいと思いまーす。

その後、お誘いいただいた方とアイスを食べながらお話し、

↑かわいいお店

ラブレアタールピットという天然アスファルトの池がある場所に連れて行ってもらいました。

↑中に入るとアスファルトの匂い

↑ボコボコ泡立ってました+マンモス

そして真横にある美術館LACMAへ。

↑良い天気

↑写真を楽しむ若者

盛沢山の一日になりました。イベントにお誘いいただき感謝であります!

そしてSawtelleへ移動し、Giant Robot Storeへ絵を持ってゆきました。GR2 Galleryのショーも見れて良かったです。


↑気になる人たち。

ここ最近いろんな人と出会えて楽しいですね。大満喫の土曜日。

【アーティストビザの話⑥:事件】

sunaeartist

無事アーティストビザを取得できたものの、2週間後にとある事件に巻き込まれた女の話は続きます。

【アーティストビザの話①:ビザとは】
【アーティストビザの話②:弁護士探し】
【アーティストビザの話③:スポンサー探し】
【アーティストビザの話④:推薦状&過去の資料収集】
【アーティストビザの話⑤:結果】

よぉーし!これから頑張らねばな!と気合いを入れて2週間が経った頃、友達から一通のメールが届きました。

『ビザどうなった?!』

バタバタしていてすっかり連絡が遅くなってしまったことを謝りつつ、『無事取れたよ!』と返信し、その後返ってきたメールを見て青ざめました…

『なら本当に良かった!ナオシが手続きした弁護士事務所、夜逃げしたみたいだから心配したよー』

うぇえぇっーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

こんなこと現実に起こる!?!?!と本当に信じられない気持ちで、急いで弁護士事務所に電話をかけてみるも、休業のアナウンスが流れるだけでつながらず。ロサンゼルスのコミュニティー掲示板があるのですが、そこでは手続き作業中の人たちが大騒ぎ!そりゃそうだ!だって大金を払って手続きも終わってないまま、書類も手元に残らず音信普通になるなんて、完全なる詐欺事件です!

わたしは審査が終わり許可証の書類をもらったのでギリギリセーフでしたが、申請時に提出した10センチの書類はまだ受け取っていなかったのでそれは全て消えてしまいました…
他の人に比べたら不幸中の幸いという感じでしたが、何かが一歩ズレていたらわたしの身にも起こっていたことだと思うと本当に青ざめました…

– – – – –

そして、その年の暮れにパスポートのビザのステータスの切り替えで緊張しながら日本に帰りました。日本にあるアメリカ大使館にて面接をしないといけないですが、ここで落とされたらアーティストビザを持っていてもアメリカに帰ることはできないのです。どこまでも厳しいビザシステム。
(実際面接で落とされたという人の話も聞ききました。)

面接当日。割と早い時間に行きましたが、わたしの番号はいっこうに呼ばれることなく、気づけば100席以上ある席にわたしともう1人の2人のみ残されることとなりました。
『何が起こっているのか。』と心臓をばくばくさせながら待っていたら、やっと名前を呼ばれました。そして第一声、

『どうしてあの弁護士を使ったのですか?』

なんとー!!!!!嫌な予感的中!!!!!
詐欺弁護士を通じて得たビザということでわたし自身の申請書類が怪しまれていたのです!ちょっと待ってよー!!!そして説明する間もなく『今すぐに結果は出せませんので。』と詳細が書かれた紙を受け取り茫然…
せっかくあの高い山を越えることができたと思っていたのに、頂上の大きな穴に落ちた気分…
なんとか自分で集め直した書類を面接官に渡し、絶望に打ちひしがれながら帰宅。

その数日後、大使館の方から電話がかかってきていくつか追加の質問を受け、『わたしは本当に何も知らないんです…』と言うと『大変でしたね…』と声をかけていただき数日後、無事ステータス切り替えに成功しアメリカに戻れることになりました!!!!!
二度も審査される事態になってしまいましたが、無事頂上の穴から抜け出すことができました!
なんという波乱万丈ビザ人生!日本にいたら全く味合わなくていいこの苦しい作業!

– – – – –

というわけで。
長きにわたる”アーティストビザ取得への道ブログ”これにて終了です。
ビザの期限は3年で、都度同じ作業をすると(スポンサー探し、推薦状、良い活動経歴の証明)また3年更新できるのですが、同じ作業を経て2度目のビザ取得に成功しました!
今回の弁護士費用は自分で払うことができたので、人生で初めて『自分のことを心からほめてあげたい!』と思いました。笑
経歴上、常に良い展開を目指さないと得られないビザなので、次も更新できるか正直わかりません。が、後悔のないようにだけ3年間全力で走り続けていきたいと思っています。

長々と読んでいただきありがとうございました!
最中は地獄でしたが、なんとか乗り越えられてよかったです!

– – – – –

【最後に】

2回目の申請の際に再び友達に弁護士を紹介してもらいましたが、3人中1人にしぼり『よぉーし!お願いメールを送ろう!』と思った矢先に紹介してくれた友達からメールが届きました。

『弁護士決めちゃった!?実はこないだ教えた弁護士に逮捕状が出たみたいで…』

 

『・・・・・・・・・』

 

こうしてすっかり人間不信になりました。

(おしまい)

【アーティストビザの話⑤:結果】

sunaeartist

さて、いよいよアーティストビザの話最終章です。

【アーティストビザの話①:ビザとは】
【アーティストビザの話②:弁護士探し】
【アーティストビザの話③:スポンサー探し】
【アーティストビザの話④:推薦状&過去の資料収集】

書類を提出してから3週間が過ぎた頃でしょうか。車を運転しているとき、一通のメールが届きました。タイトルは『結果通知』。

震える手を押さえてなんとか車を止め、深呼吸でメールを見てみました。

『つい先ほどアーティストビザの許可通知が届きましたので、ご連絡申し上げます。
改め
ましてご取得おめでとうございます。追加書類要請もなく、円滑に手続きが終了し大変嬉しく感じております。』

泣!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

こうしてわたしは無事にアーティストビザをゲットすることができたのです!10年かけて一生懸命やってきたこと、出会ってきたギャラリーの人々の協力、そして父母の力を借りて無事高い山を越えることができました。震える手を抑えつつ母に報告電話をしたら『嬉しい誕生日プレゼントだじゃ。』と言ってもらいました!その日がちょうど母の誕生日という偶然よ。

そしてその足で弁護士事務所に行き、許可通知を受け取りアシスタントの方と手を取り喜びました!

しかぁーし!!!!!!!!!!!!!!その2週間後にとある事件が起こるのです。

↑後に起こることなどつゆ知らず、気分はこんな感じ。

【アーティストビザの話④:推薦状&過去の資料収集】

sunaeartist

アーティストビザの話、どんどん書いてゆきます。

【アーティストビザの話①:ビザとは】
【アーティストビザの話②:弁護士探し】
【アーティストビザの話③:スポンサー探し】

スポンサーも必死にかけずりまわったおかげでなんとか見つかり、いよいよ書類集めを本格的に開始します。

<推薦状>
さて。次は推薦状を書いてくれる人を探します。この数は諸説あって5~10通必要と言われています。もちろん誰でもいいというわけではなく、その推薦者が業界の中で影響力を持ち、有名であればあるほどそのレターに説得力が増し自分をアピールをすることができます。みんな快くサインしてくれて涙。

<過去の資料収集>
推薦状お願いと同時に、過去日本で10年間活動してきた展示会の写真(名前が入ったフライヤー)を始め、仕事や砂絵ワークショップの写真、雑誌・Webへの掲載記事などを集めていきます。
展示会の記録写真はほぼ集めていたので、我ながらナイス!と思いましたが、雑誌やアートブック掲載の画像はさすがに全部持っていなかったので母に全てスキャンして送ってもらいました。
人の助けなしには果たせない作業が続き、本当に皆様には頭があがりません。

10年の間に13ヵ国で活動していたようで、世界で活躍してる感がアピールできたので、エセOLをやりながら頑張って来て良かったなと思いました!

– – – – –

と。だだーっと書き連ねて来ましたが、一連の作業はざっくりこんな感じです。簡単そうに見えるかもですが、全ての書類を集めるのに8ヶ月の月日を費やしました。

そしていよいよ!10センチにもなる全ての書類を弁護士さんが移民局へ送り審査開始!!!
結果がわかるのは早い人で数週間(内容が良ければ良いほど早いと言われています)~数か月、そして内容が足りない人は追加の申請書類がくると言われております。

それから生きた心地がしない日々を数週間過ごしました。結果はいかに。

↑一人暮らしだったら不安に押しつぶされていたと思いますが、大家さんのKさんとハウスメイトのT君がいたので救われました。ハロウィンの写真。笑

1 2 3